音楽OP.152「アルバム制作発表!」

2018.06.18 Monday 00:05
0

     おお〜っ、かっこいいタイトル!

    という事で、決意をしました。

     

    決意だけ(笑)

     

    制作期間:未定

    発表時期:未定

    タイトル:「GYPSY」

    収録曲(予定):

    1 暁

    2 ジプシー少年

    3 You&I

    4 Holiday

    5 閂

    6 Daddy

    7 Be Myself

    8 ありがとう

    9 September

    10 Flower

    11 糧

    12 大空へ翔る

    13 フィルムの風

     

    ざっと見て、ピアノの曲が3曲。

    あとは懐かしい曲も。

    そしてジュリー藤田が残した曲。

    今書いてる途中の曲も。

     

    んー、

    たぶん大変だなあ。

    1曲1曲、向き合いながら、

    どんな風に仕上げようか、

    時間は掛かると思うけど、また頑張ります。

     

    気長に、乞うご期待!

     

    category:音楽 | by:NAOKIcomments(0) | - | -

    音楽Op.151「Daddy」

    2018.03.23 Friday 00:50
    0

       今から8年前、2010年にジュリー藤田があるライブで歌った曲がある。

       

      「Daddy」

       

      実はジュリーとの5年間の付き合いでその曲を聴いたのは1回だけ。

      その後たくさんのステージを見ているが今にして思えばその後一度も歌っていない曲。

      全体の歌詞も残って無ければ、曲名が「Daddy」かどうかもわからない。

      たまたま当時、演奏の途中から撮っていた映像が残ってあるだけ。

       

      映像に無い部分で自分の記憶に残ってるのは当時ジュリーがMCの中で語った

      「亡くなった父親の事を思って書いた曲... 」

      のような事を話してたな〜ぐらい。

       

      ジュリーと一緒にCDを作っている時、いい曲なのにアルバムに入れないのかなと思っていて

      聞こうと思いながらすっと聞けなかった... という思い出がある。

       

      そしてジュリーが亡くなった後で、その曲を歌っている映像と、拾った歌詞を書いて

      ジュリーのお母さんに、去年かな? 渡したりもしていた。

       

      その後で自分も音からコードを拾ってたまに歌っている。

      そして今、それに続きの歌詞を書き足しているんだ。

       

      ジュリーの父親の人柄はジュリー本人にも聞いていたので、

      ジュリーの身になって想像をして書いている。

       

      そしたら後でステージでも歌ってみたいなって思ってるんだ。

      もう一度この曲を人の耳に届けてみたい。

      いつかジュリーに再会する時の手土産にもしたい。

       

      音楽でクラシックなんかを聴いてると、音楽は永遠だなって思う。

      手元にあるCDの演奏者が録音したのが自分の生まれた年だったりするし、

      作曲者なんて何世紀も前に亡くなってるんだから。

       

      自分もそういう曲を作りたいって思うし、身の回りにもそういう曲はある。

       

      音楽はすばらしい。

      category:音楽 | by:NAOKIcomments(0) | - | -

      アルバム情報

      2017.07.14 Friday 15:18
      0

         現在制作中のアルバム「SOUL & MIND」の情報を掲載します。

         

         

        「SOUL & MIND」/ NAOKI

         

        1 途 (みち)

        2 Soul Beating

        3 影武者 (かげむしゃ)

        4 時代復古 (じだいふっこ)

        5 孤高のJulie

        6 義をあかす

        7 Mind/Feeling

        8 熄み火 (うずみび)

        9 Sincerely Crave

        10 君の真実

        11 心命の葉 (みことのは)

        12 わんだ〜ぎゃらご

         

        DVDケース仕様

        歌詞&フォトブックレット

        特典:心命の小葉 (みことのこは)

         

        価格:1,500円(税込)

         

        発売予定:今秋頃

         

         

        現在、一生懸命準備中です。

        特典の「心命の小葉」は、曲中の「心命の葉」の物質的モデルとなったスケルトンリーフのひと回り小さな葉です。

        かわいいですよ。

        現在、数に限りがあるけど、少なくなったら出来るだけ仕入れて付けたいです。

         

        まだ、色々な部分での作業があるので、頑張って仕上げますね。

         

        もう少しです。

         

        category:音楽 | by:NAOKIcomments(0) | - | -

        録音とテンポ

        2017.05.07 Sunday 04:52
        0

           アルバム制作もいよいよ後半に入ったかな?

          昨日は「君の真実」の録音作業に取り掛かった。

          取り掛かった と言っても、これまで何度も取り掛かってはいたけど満足のいく出来にはなっていなかった曲のひとつ。

          要するに、後回しにしていたんだ。

          それだけに、ちゃんと向き合おうとすれば骨が折れる厄介な曲(笑)

           

          これまではフリーテンポでの録音を繰り返していたけど、この曲も初めからテンポを組み立てて録ることに決定。

          まずは一定のテンポで一通り録るが、「Sincerely Crave」と同じく、または「わんだ〜ぎゃらご」とは違い、終始一定のテンポでは違和感があってたまらない。

          ちなみに、「わんだ〜ぎゃらご」は一定のテンポの方が気持ちよく聴けたので、終始一定にしてる。

           

          そこで、イントロ、Aメロ、前半、後半、みたいな感じで、曲中のどこでテンポが変われば自然になるのかを、何度もテイクを重ねながら”これだ!”というのを組み立てていく。

          どこが速くてどこでテンポダウンした方がいいのかっていうのは、たぶん歌詞によって変わるんだと思う。

          人の感覚で感情が高まれば心拍数が上がるし、最も伝えたい部分はゆっくり話さなければ伝わらない。

          そんな感じで、この曲にはこの曲のテンポの割り振りが出来てくる。

           

          そんな風にして、元になるデモ音源が出来て、さあ、ここから、音の一つひとつの何とも未熟なこと。

          もっと丁寧で感情の動く音にしなければ、ということで、また少し練習をしながら、もっと理想的な音を収録しようと思います。

           

          テンポは決まった。

          この曲はもっと伝わる音になる。

          そう信じてそれを求めます。

           

          しばらくはこの曲一点に集中かな?

           

          category:音楽 | by:NAOKIcomments(0) | - | -

          無拍子な奴ら Vol.1

          2017.04.27 Thursday 14:57
          0

             4/22(土) 展勝地でキタカミュージックのイベント、「無拍子な奴ら」Vol.1を決行しました!
            朝からステージの組み立て、音響準備を皆んなの力を借りながらの準備。
            会場到着が少し遅れたり、準備中のトラブルアクシデントが発生したりと、野外イベントならではの醍醐味を味わいながら、今年も無事に進行が出来ました。

             

            今回は、イベント名称を「無拍子な奴ら」としての初回イベント。弾き語りに限らず、スコップ三味線や、カラオケの飛び入り参加も加わって、より現場の人たちにとって楽しめる内容での開催。
            そしてステージの方も背面に鉄骨を組んでの制作という事で、準備からかなり大掛かりな作業。
            今回、ステージ制作と音響でご協力頂いた BosK MUSIC System S の石川さん、ありがとうございました。
            写真の方も毎度、清水さんにお願いさせて頂いて、今回も沢山の写真の中から厳選してキタカミュージックHPのフォトチャンネルの方へアップしています。

             

            http://blog.goo.ne.jp/photo/392506?fm=entry_s

             

            その他、ご協力頂いた方々に改めて感謝申し上げます。

             

            〜「無拍子な奴ら」Vol.1 ACT〜

            アロエ☆ベラ

            Little flakes

            カラオケ

            スコップ三味線

            菊地正親

            カラオケ

            菊池かける

            NAOKI

            キタカミュージックを始めて6年、毎回様々な人に支えられるようになって、少しずつ北上市らしいイベントの形が出来つつある気がします。
            また、今回のイベントを通しての感想や意見なども寄せられているので、毎回新たな事を経験しながら、出来る限り周りの声を寄せ集めて形に出来るように進んでいきたいと思います。

            今後とも是非、キタカミュージックをよろしくお願い致します。

             

            -NAOKI-

             

            ピアノ演奏/2曲

             

            Holiday

            お前はDEVIL/ジュリー藤田

            Precious Heart

            滲恋歌

            Soul Beating

            影武者

            大空へ翔る

             

            category:音楽 | by:NAOKIcomments(0) | - | -

            耐久録音

            2017.03.21 Tuesday 03:18
            0

               こんばんは。

              今年は録音を頑張っています。

              レコーディングという言葉はあまり使いたくない。

              単純に、音を録っているのだから録音と言っている。

               

              たまには、録音作業について色々書こうと思います。

               

              アルバムを作ると言ってもう何年経っているだろう。

              自分の登録している歌詞サイトを見れば、「孤高のJulie」を登録したのが2014年の10月だから、2年以上は経ってる。

              それ以降に登録した曲12曲を収録する予定。

              全ての曲、それぞれ妥協することなく仕上げています。

               

              今、7曲が出揃っている。

              あと5曲。

              今手掛けているのが、「義をあかす」と「Sincerely Crave」

              どちらもベースとなるアコギの音を仕上げたところです。

              時期をみて歌入れをしたい。

               

              「義をあかす」はこれまで何度かギター録りを重ねてたけど、数テイク録っては気に入るのが無く破棄し、また数テイク録っては納得がいかず放置していた。今回改めて向き合ってやっと納得のいく出来になった。

              難しかったのは、感情の出し入れ。色んな抑えてても噴出してしまう部分とか、聴いていてそれが感じられるのは、本当に数テイク録ったうちの、心が無になって「神」が入っているものだけ。あとはやっぱりテンポ。テンポを決めるのはやっぱり難しい。激しい部分をこのテンポにしたいから、出だしはもう少しゆっくりにしないと、とか、伝えたい部分は走ってると言葉が残らないとか、本当に細かい部分でのこだわり。

               

              「Sincerely Crave」も、テンポにかなり気を使った曲のひとつ。

              これは曲の中で「溜め」を作ったりするので、初めはテンポにはめず弾き語りの感覚で録っていたけど、テイクごとに微妙にリズムが違うと繋げることが出来ないので、今年に入って全ての部分のテンポを初めに組み立ててからの録音にした。

              最終的に決まったのは、Aメロ、Bメロ、Cメロ、サビと、♪₌78、♪₌79、♪₌80、♪₌79という流れになっている。そして最後のサビだけ♪₌77と曲中で最も遅くなっている。これは、歌詞の流れが関係していて、言葉の中にだんだん感情が入り込んでくるので、そのたびに心拍数が上がって自然とテンポが速くなるという事で、聴いている分には同じテンポに感じるけど、不思議と感情がだんだん乗ってくるという人の錯覚を期待しての構成。なので、サビに入って少しゆっくりになる。一番の山場は最後のサビで、戦場カメラマンの渡部陽一さんを意識したゆっくりさ(笑)

              彼は、人にちゃんと言葉を伝えようとしているうちに自然としゃべりがゆっくりになったと言う。

               

              その他、溜めの部分なども、テンポを放物線にしたりして工夫している。

              とあるプロの音楽家は、「曲に感情は一切入れない」というのを聞いたことがある。

              感情の仕組みがあるのだとか。

              自分はそういう考え方はキライだと思っていた。

              でもこの曲に関しては、悩んで行き着いた所が、それに近かった。

              でもそれは、ちゃんと伝わって欲しい気持ちの行き着いた先。

              だからと言って全部をこれには当てはめない。

               

              そんなこだわりを1曲ごとに入れながら、この先もアルバム制作に励みます。

               

              category:音楽 | by:NAOKIcomments(0) | - | -

              イベント出演者募集

              2017.03.13 Monday 18:25
              0

                − KitakaMUSIC 春イベント企画 −


                  「無拍子な奴ら」Vol.1


                    ■出演者募集中■


                 ― 3/28更新 ―


                <開催要項>
                開  催  日  2017年4月22日(土)※雨天中止
                 時  間    10:00〜16:00
                開 催 場 所  北上市展勝地桜並木内仮設ステージ
                 主  催    KitakaMUSIC(キタカミュージック)
                 協  賛    BosK MUSIC System S

                <出演者>(現時点)
                NAOKI
                アロエ☆ベラ
                Little flakes

                他随時募集中!

                      代表 高橋直貴
                      Mail takanaoza@live.jp



                ・パフォーマンス形態:ジャンルを問いません(弾き語り、ダンス、楽器演奏、飛び入りカラオケ)
                 バンドに関しては、音響の及ぶ範囲で可能ですので、別途確認をしてください。

                ・演奏時間:一組30分程度 演奏前にその都度軽いリハ(音出し)をしながらの進行になります。
                      その為、各出演者の明確なタイムスケジュールは組みません。
                      カラオケ希望者がいれば、その都度組み込みます。

                ・音響機材(PA): BOSE音響システム(BosK MUSIC System S)

                ※シールドケーブルは各自持参願います。iPod、CD再生OKです。

                ※基本、雨天時は中止となります。

                他、ご不明な点もご連絡ください。

                ここに本文を記入してください。
                 

                category:音楽 | by:NAOKIcomments(0) | - | -

                こだわりまくる

                2017.02.14 Tuesday 22:20
                0

                   TwiSoundにも音源をアップした。

                  http://twitsound.jp/musics/ts7OVbKjB

                   

                  「Mind/Feering」

                  曲全体が整ったので公開しました。

                   

                  「魂と精神」「自己感覚」

                  そんな風なものをテーマにした今回の作品をまさに物語った1曲。

                  内容は結構荒くて乱暴な表現もあったりするけど、その中身ある純粋なものを感じてもらいたいので、どういう風に表現したらそれが伝わるかを考えながら、ソロの部分を作った。

                  ソロの部分は普段ライブのステージでは弾かないので、ライブには無いまた違った印象を持ってもらえたらいいな。

                   

                  録音では特に歌に気を使っていて、この曲の場合、約10テイクの歌トラックの中からよりいい部分を抜き取って繋いでいる。

                  そこから更に、どうしても流れの中ではうまく発音できなかった部分を修正したりして、曲に込めたイメージの通りに仕上げていく。

                  写真の波形は、この曲の中の「夢の都をぽつりと建てて」の部分の声の波形。

                  そして途中で途切れているのは、「ぽ」の部分。

                  広大に広がる中にポツンと建っているイメージなので、「ぽつり」の言葉の中でも、より「ぽ」だけをハッキリさせたくて、でもそれを意識しながら歌うとどうもうまくいかない。

                  なので、そういうところは編集で何とかしていく。

                   

                  こうなった方がより伝わると思った時に、ライブでは勢いでやっちゃうけど、作品の場合、発音のせいで伝えられなかったのでは、聴く人に申し訳がない。

                   

                  こうしてアップした音を聴いていても、まだ修正点は見つかる。

                   

                  なので、曲の内容や好みはどうあれ、とことんこだわりまくりながら作っています。

                   

                  まだまだ先は続く。

                   

                  がんばっていこう!

                   

                   

                  category:音楽 | by:NAOKIcomments(0) | - | -

                  狭き門

                  2017.02.03 Friday 16:02
                  0

                     2月に入っても、引き続きCD制作に励んでます。

                     

                    「今年は完成させる」という強い意志とともに、年明けから部屋にひとり籠ってる時間が増えているNAOKIです。

                    やっている事のほとんどはサウンドチェックと修正。

                    各パートのほんのちょっとの音量バランス、出だしをもっと明確に、この区間は徐々に音量を右肩上がりに、この区間は身体が揺れるように音量の強弱差を周期的に繰り返す感じで、伝える為の詞があって、状況や風景が浮かぶ為に音がある。それを、ギターと声だけで様々な仕掛けを入れながら表現する。

                     

                    今回の作品で自信を持ちたいのは、聴いていて”えっ?ギターと声以外にも何か使ってるでしょ”と思わせる仕上がり。

                    まだ途中までしか進んでいないけど、現段階ではそのまま最後までやっていくつもり。

                     

                    自分ながら、厳しい門を通しながら段階的に音源をファイル内で動かしている。

                    CD制作フォルダ内にいくつかファイルを作っていって、デモ音源があるフォルダ>色々修正をして書き出したフォルダ>最終的な形に出来た音源を入れるフォルダと、段階的に進んでいく。

                     

                    音楽ソフトから書き出された音源は、その時点ではOKだと思ってるのだが、そこから更に全体的に他の曲と同じ音量レベルにして軽くサラウンド効果やイコライザ調整などを行うと、さっきまで気にならなかった部分が耳に引っかかったりして、また音楽ソフトまで戻って細かい修正をする。

                    そんな地道な作業を、年が明けてからずっと部屋でやっている。

                     

                    もちろん普段は仕事もしているし、家族の揃う時間は家族と過ごし、睡眠の時間はそこからずらしながら、作業の時間を上手く作っている。

                    こうして仕上がった曲が5曲になった。

                    まだまだ先は長い。

                    これからの曲のほとんどは、これまで作ったデモ音源のなかでも使える部分がどれもない曲ばかり。

                    一曲一曲、もっとこういう風に表現したいという思いが胸の中にあって、それをまず主音にしなければならない。

                     

                    本当にこの集中力がこの先続くかなって思うぐらいだけど、今年はやる。

                     

                    今年はやるぞ〜!

                     

                    category:音楽 | by:NAOKIcomments(0) | - | -

                    ひきこもり

                    2017.01.26 Thursday 19:58
                    0

                       アルバム制作を順調に進めています。

                      今日は仕事の休暇をとって、一日アルバム制作の為に時間を使った。

                       

                      実は去年はこうした時間はほとんどとれていなかった。

                      仕事の休暇をとってイベントに出ていたからだ。

                      今年は出来るだけアルバム制作の為に休暇を使いたい。

                      でもできるだけイベントもやりたい。

                       

                      お陰でアルバムは少しずつ形が出来始めています。

                      デモ音源が出来ているもの、録音テイクが散乱しているもの、まだ全く手掛けていないもの、

                      ここ数日は、デモ音源が出来ているものをピックアップして、部分的に録り直したり、音を加えたりで何曲かを完成形で整えた。

                       

                      今日は一日使って「影武者」を仕上げた。

                      デモ音源では歌に声の艶、張りをもう少し欲しいと感じていたので、数テイクを新たに録って、各トラックから良い部分を繋げて整える作業。音量、タイミング、トーンなどを揃えて、一本のVoトラックとして新たにまとめる。

                      CDとして作品にするには、何度聴いても飽きないのが条件。

                      何度か聴いてから”あそこがもうちょっとこうなってくれたら”となるのはダメなんだ。

                      そう思わなくなるまで、何度でも繰り返し向き合う。

                       

                      生もので、人間臭くて、それでいて整っている。

                      そんなのがいい。

                       

                      それで納得のいく形になったのが4曲になった。

                      まだまだ先は長い。

                      ほとんどの曲はまだ去年、一昨年に録り置きしたトラックが散乱しているだけ。

                       

                      一曲一曲、しっかりと向き合いながら、きっと完成へ。

                       

                      category:音楽 | by:NAOKIcomments(0) | - | -

                      PR
                      Search
                      Calender
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      Profile
                      Category

                      Selected entry
                      Twitter
                      Archives
                      Recent comment
                      Link
                      ☆☆☆ CD購入 ☆☆☆
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
                      にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
                      にほんブログ村 サッカーブログ フリースタイルフットボールへ
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM